乗らない原付バイクの廃車処分ってどうする?

あなたはいらなくなった原付 処分にしたいときの最善の方法をご存知でしょうか?

まあ、一般的で便利なのがバイク王に代表されるオートバイの買取一括査定です。

複数社で一度に査定をしてくれるのがメリットですが、 メリットばかりではなく、デメリットもあります。

例えば、実際にあなたの原付バイクを見ていないので査定額は目安程度。

そして、上限買取額や平均買取額に関してもあくまで参考だから、 その実際の買取額がその価格になることは難しいということです。

広告などに書かれている査定額は、 状態が良いというよりも「新車」の価格だと思った方が良いでしょう。

また複数社で査定するから高額になるイメージがあるかもしれませんが、 そういうわけではありません。

そのため、オートバイの買取査定をする時には、 まずは一括査定をする。

そして、近くのショップで査定をするときにそれを参考を見せると 少しは査定額を上げることができる。

と考えた方が良いでしょう。



そしてもうひとつ。

オートバイの買取査定をしてもらったら、驚くほど激安だった なんて口コミを良く見かけます。

処分費用がかからなかったから良いと思う人もいるかもしれませんが、 少しでもお金にしたい!と言う人は納得できないのではないでしょうか。

そんな時は、オートバイをひとつのものとしてみないこと!

「え?」と思うかもしれませんが、それぞれの中古パーツに買取額がつけば 1台の中古バイクとしての金額よりも高値になる可能性もあるのです。

中には上手にオークションを活用している人もいます。

一括査定は時間がない人や面倒臭がりな人にはメリットがあります。

しかし激安の査定額に妥協してしまう前に、近くのショップに聞くだけでも 少しでも高値で廃車処分できる可能性がアップします。



バイクには長い間乗っていても恐怖心は中々取れないものです。
一番怖いのは雨の日の運転です、理由は簡単にスリップして転倒してしまうから
転倒すれば車と違ってコンクリートが直接体に接触してくるので、
擦り傷で済むこともあれば骨折してしまうこともあります。
だとしても車よりは利便性が良いのと、維持費が安いのでバイクを
手放すことは難しいのです。

雨の日が怖いのもありますが、前方を走っている車のブレーキングが
普通じゃない場合もちょっと怖い時があります。
急ブレーキを踏んだり、指示器を出さずに曲がったりする車がいると
本当に怖いので、ちょっとでも挙動がおかしい場合はスピードを出して
抜き去るか道を変えて走るようにしてます。

車って死角が多いから、こっちから見えてると思っていても
バイクがいることも認識してくれてないことが多いので
急に幅寄せしてきたりってのが当たり前にあるんです。
乗用車ならまだ対処できますが、トラックとかバスとかの
大型になると逃げ道がないので本当に怖いんです。
そういう大型が前を走ってる時は迷わずスピードを落とすようにしてます。

バイクを運転するときは周りから自分は見られていないという前提で、
運転することが大事です。
向こうが避けてくれるだろうなんて思ってたら命がいくつあっても足りません。
実際に転倒事故は何度もやってますし、ミキサー車に幅寄せされて
挟まれたこともあります、死を覚悟したとはまさにこのことでしょう。

月別アーカイブ