乗らない原付バイクの廃車処分ってどうする?

あなたはいらなくなった原付 処分にしたいときの最善の方法をご存知でしょうか?

まあ、一般的で便利なのがバイク王に代表されるオートバイの買取一括査定です。

複数社で一度に査定をしてくれるのがメリットですが、 メリットばかりではなく、デメリットもあります。

例えば、実際にあなたの原付バイクを見ていないので査定額は目安程度。

そして、上限買取額や平均買取額に関してもあくまで参考だから、 その実際の買取額がその価格になることは難しいということです。

広告などに書かれている査定額は、 状態が良いというよりも「新車」の価格だと思った方が良いでしょう。

また複数社で査定するから高額になるイメージがあるかもしれませんが、 そういうわけではありません。

そのため、オートバイの買取査定をする時には、 まずは一括査定をする。

そして、近くのショップで査定をするときにそれを参考を見せると 少しは査定額を上げることができる。

と考えた方が良いでしょう。



そしてもうひとつ。

オートバイの買取査定をしてもらったら、驚くほど激安だった なんて口コミを良く見かけます。

処分費用がかからなかったから良いと思う人もいるかもしれませんが、 少しでもお金にしたい!と言う人は納得できないのではないでしょうか。

そんな時は、オートバイをひとつのものとしてみないこと!

「え?」と思うかもしれませんが、それぞれの中古パーツに買取額がつけば 1台の中古バイクとしての金額よりも高値になる可能性もあるのです。

中には上手にオークションを活用している人もいます。

一括査定は時間がない人や面倒臭がりな人にはメリットがあります。

しかし激安の査定額に妥協してしまう前に、近くのショップに聞くだけでも 少しでも高値で廃車処分できる可能性がアップします。



オートバイにも車と同じようにスノータイヤがあると思っている人がいますが、
実際にはホンダから発売されているカブなどの排気量が少ないバイクのみ
スノータイヤはありますが、排気量がそれ以上になるとスノータイヤはありません。
タイヤチェーンも低排気量用のみ販売されています。

これは郵便配達で使用するバイクがホンダのカブが多いからという理由で、
それ以外のバイクは基本的に雪道は走行不可と思ってください。
雪道を通常タイヤのバイクで走ることは、道路交通法上で認められていませんので
無理に走ろうとすれば違反することになります。

そもそも雪道でのバイクは危険極まりないですし、殆どまともに走行できないでしょう。
特に重量が重くなればなるほど、その傾向が強くなります。
どうしても雪道を使って移動したい場合は、雪対策をした車を使うか電車やバスを
利用したほうが賢明だと言えます。

どうして特定のバイクだけにしかスノータイヤが売られていないかというと、
雪道でスノータイヤを装着したとしてもバイクの運転は非常に危険になるからです。
車のように4つのタイヤが付いていても、雪道では制御不能になってスリップしやすいのに
バイクともなれば走行できる状態でないのは明らかです。

積雪がある場合は、バイクでの移動は諦めるしかありません。
動画サイトなどには、遊び心で雪道をバイクで走っているものがありますが
安全が確保された状態での完全なる遊びになっており、やはり危険極まり無い結果となっています。

月別アーカイブ