乗らない原付バイクの廃車処分ってどうする?

あなたはいらなくなった原付 処分にしたいときの最善の方法をご存知でしょうか?

まあ、一般的で便利なのがバイク王に代表されるオートバイの買取一括査定です。

複数社で一度に査定をしてくれるのがメリットですが、 メリットばかりではなく、デメリットもあります。

例えば、実際にあなたの原付バイクを見ていないので査定額は目安程度。

そして、上限買取額や平均買取額に関してもあくまで参考だから、 その実際の買取額がその価格になることは難しいということです。

広告などに書かれている査定額は、 状態が良いというよりも「新車」の価格だと思った方が良いでしょう。

また複数社で査定するから高額になるイメージがあるかもしれませんが、 そういうわけではありません。

そのため、オートバイの買取査定をする時には、 まずは一括査定をする。

そして、近くのショップで査定をするときにそれを参考を見せると 少しは査定額を上げることができる。

と考えた方が良いでしょう。



そしてもうひとつ。

オートバイの買取査定をしてもらったら、驚くほど激安だった なんて口コミを良く見かけます。

処分費用がかからなかったから良いと思う人もいるかもしれませんが、 少しでもお金にしたい!と言う人は納得できないのではないでしょうか。

そんな時は、オートバイをひとつのものとしてみないこと!

「え?」と思うかもしれませんが、それぞれの中古パーツに買取額がつけば 1台の中古バイクとしての金額よりも高値になる可能性もあるのです。

中には上手にオークションを活用している人もいます。

一括査定は時間がない人や面倒臭がりな人にはメリットがあります。

しかし激安の査定額に妥協してしまう前に、近くのショップに聞くだけでも 少しでも高値で廃車処分できる可能性がアップします。



バイクには軽自動車税が毎年課税されますが、ある方法を使うことでこの軽自動車税を
払わなくて済むという超セコいやり方があります。
バイクの課税は毎年4月1日に所有している人に掛けられる税金となりますので、
4月2日に登録して翌年の3月31日に廃車手続きをすれば4月1日に所持していないことになり、
軽自動車税が課税されることはありません。

原付で50CC以下であれば2000円、125CC以下であれば2400円、250CC以下は3600円、
それ以上の排気量のバイクは6000円を払わなくて済むことになります。
普通二輪、大型二輪は重量税の課税も払わなくて済みますが、
この方法は非常に手間がかかるので割に合わないと思っていいでしょう。

毎年の廃車手続き、ナンバー返納、登録時の手続き、自賠責保険の変更など
様々な手続があるので税金を払いたくないからという理由でやるには、
割に合わないと言えるでしょう。
この課税逃れは昔から言われているのですが、未だに法律は改正されていません。
最も簡単なのはナンバー取得時に税金を納めて、それより後は4月1日に所有していれば
課税することにすればいいのですが、どうも重い腰は動きそうにありません。

仮にこの方法で課税逃れをしたとしても、それで罰せられることはありません。
脱税として立件するのは手間ひまを考えても難しいですし、証拠という面でも
有罪にするのが難しいからです。
厳重注意を受けることがあるという人もいますが、そもそも罪ではありませんので
注意を受けることもないと考えられます。

月別アーカイブ